桐生 競艇について調べてみた

桐生競艇場(きりゅうきょうていじょう)は、群馬県みどり市にある競艇場である。

通称は、BOAT RACE桐生(ボートレースきりゅう)。施設所有者は関東開発株式会社、主催(施行者)はみどり市。

住所
群馬県みどり市笠懸町阿左美2887

水面は人工(沼)で、水質は淡水です。
施行者はみどり市。

1956年(昭和31年)11月8日に初開催された。全国の24競艇場の中では最も遅い開場である。

施設の名称にもあるように、初開催から2003年度までは桐生市が第一施行者であった。競艇の売り上げは1992年度をピークに減少を続け、桐生競艇も厳しい運営となっていた。桐生市は赤字脱却のため借り上げ賃貸料の引き下げを巡り関東開発と対立し撤退を決定。一時は2003年度限りでの閉鎖も検討されていたが、第二施行者だった阿左美水園競艇組合(当時)が桐生市主催分の全日程を引き継ぎ、存続が決まった。

時は平成の大合併の時期であり桐生広域圏の構想が存在したが、桐生競艇の存続の是非について桐生市と阿左美水園競艇組合所属の笠懸町・大間々町・藪塚本町の足並みが揃わなかった。このうち藪塚本町は太田市との合併を選択し、競艇事業から撤退。競艇事業存続を主張する笠懸町は桐生市と反目し、大間々町・東村と合併してみどり市となった。このため新桐生市は東西に分断する飛び地合併となっている。

1997年9月20日から「アクアンナイト」と称したナイター競走を実施。初めてナイター競走を開催した競艇場である。2011年度より冬季を含めた通年ナイター開催に移行する予定だったが、東日本大震災で施設が被災したため、3月中旬から4月にかけての開催が中止された。2011年度の開幕となる5月3日(東日本大震災被災地支援競走 第38回上毛新聞社杯・初日)より通称を「ドラキリュウナイター」へ変更し、冬季を含めた通年ナイター開催に移行した。なお、かつては4月から10月下旬の期間においてナイター競走を開催しており、2008年9月には住之江競艇場で行われたナイターレースの場外発売を行う関係で一部薄暮開催を行った。なお照明設備は2014年4月の更新に際して、競艇だけでなくすべての公営競技で初となる全面LED照明に切り替えている。

福岡 競艇について調べてみた

福岡競艇場(ふくおかきょうていじょう)とは、福岡県福岡市中央区那の津一丁目にある競艇場である。

住所
福岡市中央区那の津一丁目7-5

施行者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合。
水面は海、水質は海水または汽水です。

通称は、BOAT RACE福岡(ボートレースふくおか)。2010年(平成22年)度以降この通称に変更されたが、条例上の正式名称は「福岡競艇場」のまま変更されていない。

1953年(昭和28年)9月26日に初開催が行なわれた。福岡市の中心繁華街である天神から徒歩でわずか10分と近く、平和島競艇場(東京都)と並んで「都市型競艇場」の代表格としてあげられる。主催者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合(筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町、古賀市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、宗像市、福津市、糸島市で構成される一部事務組合)。 地元の住民からは、地名にちなんで「那の津」とも呼ばれている。

2004年10月には、福岡競艇場のマスコットが定められ、一般公募により「ペラ坊」と命名された。 2015年10月30日には、ペラ坊の女友達キャラクターが、一般公募により「ペラ美」と命名された。 テレビCMキャラクターにはこれまで、蛭子能収、竹中直人、川上鴻一郎、森下千里らが起用された。

また、2007年12月19日から24日までの6日間、第22回賞金王決定戦競走が開催された。住之江競艇場(大阪府)以外での開催は、第6回大会の平和島競艇場(東京都)・第11回大会の戸田競艇場(埼玉県)・第15回大会の平和島競艇場(2回目)以来7年ぶり4回目となり、九州地区においての開催は史上初。

そして2009年5月26日から5月31日までの6日間、九州地区では初となる、競艇界のオールスターレース・第36回笹川賞競走が開催された。

若松 競艇について調べてみた

若松競艇場(わかまつきょうていじょう)は福岡県北九州市若松区赤岩町にある競艇場。

通称は、BOAT RACE若松(ボートレースわかまつ)。

住所
福岡県北九州市若松区赤岩町13-1

北九州市・中間市行橋市競艇組合が管理。
水面は海(洞海湾)、水質は海水です。

1952年(昭和27年)、当時の若松市によって開設され、同年11月11日に初開催が行なわれた。八幡、門司、戸畑、小倉市との合併により北九州市に引き継がれる。

1953年(昭和28年)、第1回全日本選手権競走が開催される。

主催者は北九州市と中間市行橋市競艇組合(中間市および行橋市で構成する一部事務組合)である。

隣接する遠賀郡芦屋町にある芦屋競艇場とは直線距離で日本一近い。そのため、選手宿舎を共同利用していた(宿舎は芦屋町内)ため併催が不可能であったが。2010年11月10日に若松新宿舎がピット横に完成し、若松・芦屋の同時開催が可能となった。

マスコットキャラクターは「こひめちゃん」。「かっぱくん」「わかちゃま」「ひめちゃん」に続く4代目である。それにちなんで若松かっぱ杯争奪戦が行われている。なお、かっぱくんが父、ひめちゃんが母、わかちゃまが兄、こひめちゃんが妹となっている。

実況は、福岡県内の3競艇場(若松・芦屋・福岡)をRKBミューズ所属の女性アナウンサー6人でローテーションで回している。

地元出身の元選手である植木通彦を讃えるフェニックスホールが総合案内所近くにある。

また、2011年12月には新外向発売所カッパ☆ピアがオープンした。

2014年度の売上は800億円を超え、全国競艇場最多となった。

徳山 競艇について調べてみた

徳山競艇場(とくやまきょうていじょう)は、山口県周南市にある競艇場である。
通称は、BOAT RACE徳山(ボートレースとくやま)。周南市徳山モーターボート競走事業として地方公営企業法の財務規定等が適用されている。

周南市(旧徳山市)の南部・粭島への入口にある。瀬戸内海に面し、笠戸湾の奥深くに位置している。競走水面は海で、水質は海水。太華山の麓に位置し、風の影響を受けやすい。

設備としては、対岸の大型映像装置がない。これは江戸川競艇場と本場の2場のみ。また、中央スタンドは現在閉鎖されており、イベントなどのメインで使われるのは東スタンドである。

現在のマスコットはスナメリ(近海に生息し、競走水面に入り込むことも稀にある)の「すなっち」で、それにちなんで「すなっちカップ」が行われている。過去には、フグ(近くの粭島はフグ延縄漁の発祥の地)をモチーフとしたものを用いていた。

2011年12月10日、外向発売所を「すなっちゃ徳山」としリニューアル。年間最大360日・最大4場の発売を行う。

競艇予想について調べてみた

競艇の予想(買い方)にはいくつかの方法があります。簡単にまとめますと…

  • 単勝式→1着になりそうな艇番を予想する
  • 複勝式(2着払い)→2着までに入りそうな艇番を予想する
  • 普通二連勝複式(二連複)→1着・2着に入りそうな2艇を順不同で予想する
  • 拡大二連勝複式(拡連複)→3着までに入りそうな2艇を順不同で予想する
  • 二連勝単式(二連単)→1着・2着を着順通りに予想する
  • 三連勝複式(三連複)→1着・2着・3着を順不同で予想する
  • 三連勝単式(三連単)→1着・2着・3着を着順通りに予想する

公害防止主任管理者について調べてみた

公害防止主任管理者(こうがいぼうししゅにんかんりしゃ)は、公害防止管理者、公害防止統括者とともに、特定の工場において選任することが法律で義務付けられている管理責任者である。公害防止主任管理者に選任される者は、公害防止管理者等国家試験に合格するなどして、その資格を得ていなければならない。

公害防止主任管理者を選任しなければならない特定工場は、大規模なばい煙発生設備及び汚水等排出施設が併置されており、排出量が毎時4万m3以上であり、かつ、排出水量が一日あたり1万m3以上のものである。

試験は、毎年少なくとも1回経済産業大臣及び環境大臣が行なう、と定められており、1971年に始まり、1987年以降は現在の一般社団法人産業環境管理協会(旧称・産業公害防止協会)が実施している。

試験科目

・公害総論
・大気・水質概論
・大気関係技術特論
・水質関係技術特論

履歴書について調べてみた

履歴書(りれきしょ)とは、学業や職業の経歴など人物の状況を記した書類のことで、就職や転職時に選考用の資料として用いられる。また、学歴や職歴によって給与や資格などを決定する手続き(査定)において、それを証明する各種の書類とともに提出する。履歴書は、法律で書式を定められているわけではないため、基本的に自由形式である。

なお、アメリカ合衆国およびカナダの英語圏地域にて用いられるレジュメ(R?sum?、日本では英文履歴書とも呼ばれる)は、日本でいう「職務経歴書」に近いものである。

芸能人では『芸歴書』と称するところもある。

日本の履歴書

日本では日本工業規格(JIS Z 8303「帳票の設計基準」の附属書A)の規格に従った履歴書用紙が市販品として流通している。JISはあくまで「製品仕様の工業規格」であって、個人に使用を義務づける法令は存在しない。JIS規格の他に、一般用・転職用・パート/アルバイト用などの様々な様式がある。

通例、履歴書を作成する時は、市販の履歴書用紙に必要事項を記入し、上半身を写した証明写真(縦4センチ・横3センチが一般的)を貼付することが多い。用紙サイズはB4タイプ(二つ折りにしてB5サイズ)が主流だが、A4タイプのものもある。最近では、履歴書は市販のものだけでなく、ウェブサイト上からダウンロードしたものや、Microsoft WordやPDFなどのファイルフォーマットを指定する企業も増えている。

選考で不採用となった場合、不採用を伝える旨の書面と共に、履歴書を志望者に返却する場合はあるものの、法律で義務づける根拠がないため、募集時に「履歴書は返却しない」(廃棄する)旨を提示する事業所も存在するが、記載された個人情報が漏洩し悪用される危険性もあるため、近年では問題視されている。また、選考を辞退した場合も、志望者本人に返却する場合があり、どちらにしても履歴書の返却は、法律で義務付けられていない。

個人情報の保護に関する法律施行後は、履歴書を就業利用以外に利用したり、漏洩した場合安全管理措置義務違反として行政処分の対象となるが、故意に返却しない行為は処分の対象にならない。
記載事項

JIS Z 8303の解説に、以下の項目についての様式例が挙げられており、これに従っているものが多い。用途によっては、これ以外の欄(特技、趣味など)を設けた様式を使用したり、就職活動では大企業や中堅企業でエントリーシートと呼ばれる独自の様式を使用する場合があり、印鑑も必要とする場合がある(印鑑は、シヤチハタは不可とする企業も多い)。

最近では、携帯電話の電話番号や電子メールアドレスを記入することが多く、逆に偽造防止の観点からも、印章は、印影で偽造され、成りすましや銀行預金が引き出される危険性があるため、記入欄から削除された。

適性検査について調べてみた

適性検査(てきせいけんさ)とは、職業・学科などにおける特定の活動にどれほど適した素質をもっているかを判定するための検査。

職業適性検査・進学適性検査・音楽適性検査等が上げられる。具体的には知能検査、学力検査、性格検査、運動能力検査等の要素を組み合わせることによって就学、就業など特定目的に対する適性能力を調べる検査である。

・日本では、雇用や人事異動において適性検査が行われることがある。採用活動の場合、多くの求職者のエントリーシートや履歴書の内容を把握し、面接を行う事は困難であることがあり、その場合に第一次審査として適性検査が用いられる。日本の採用活動で広く使われているものとしてはリクルートのSPI2 (SPI) や日本エス・エイチ・エルのGAB等がある。
・検査の内容は業種により様々である。一般的には言語(国語)・計数(数学)・一般常識(社会・理科・時事経済・英語)・性格のジャンルで出題される。
・企業が一般能力・常識試験や性格検査をする理由としては、面接のみでは性格を測ることが困難であること、学力低下を踏まえ一般常識や計数・言語能力を測るためということがある。
・遠隔地の求職者の便宜を図るためにインターネットを利用した適性検査が2002年頃から増加した。例としては日本エス・エイチ・エルやリクルート等が挙げられる。この形式の適性検査では、IDとパスワードを別の人物が使用するいわゆる「替え玉受験」が行われたことが判明した。そのため、リクルートの関連会社であるリクルートマネージメントソリューションズが日本の各地にテストセンターを開設し、受検者の身分証明書を確認する形式を採り入れた筆記試験・適性検査を実施することとなった。

ほぼ日について調べてみた

ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼにっかんイトイしんぶん)は、コピーライターの糸井重里(通称「darling(ダーリン)」)が主宰し、株式会社ほぼ日によって運営されているウェブサイトである。

一般にほぼ日(ほぼにち)と略されており、サイト内での通称としても公称されている。元来、日刊では更新の精神的プレッシャーやコンテンツ的にも厳しいと考えた糸井の案で、余裕を持たせて「ほぼ日刊」と称してはいるもの、発足した1998年6月6日午前0時(バリ島時間)のサイト開設以来、毎日何らかのコンテンツが更新されている。

もともとは糸井個人のウェブサイトとして始まったが、Tシャツや手帳といった物販に力を入れていき、高い収益性を誇る国内有数のサイトへと成長した。現在、1日に約150万ページビューに達しており、個人のウェブサイトとしては日本最大規模を誇る。後述の通り会員制の有料コンテンツや、広告スペースの販売などを今日まで一切行っていないにも関わらず、2014年には年間売上高が30億円に達した。2012年にはポーター賞を受賞している。

ほぼ日の事務所は魚籃坂下の「明るいビル」内にあったが、2005年11月に青山へ引っ越したのち、ページ規模の拡大に従い幾度かの転居を経験している。

コンテンツ
今日のダーリン

糸井重里によって毎日執筆されている「エッセイのようなもの」。トップページに掲載されている。サイト開設以来、一度も休むことなく毎日書き続けられている。

大きな特徴として、これまでに執筆された過去のエッセイは残されておらず、その日のうちに読んでおかないと次の日にはデータが更新されてしまう。ただし、過去のエッセイ等をまとめた書籍が販売されている。

保育園について調べてみた

保育所(ほいくしょ、ほいくじょ)は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。

施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。

地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。

概要

保育所における保育では、養護と教育が一体となって展開される。ここでいう「養護」とは、子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりであり、「教育」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助である。ただし、「教育」に関しては、「義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとしての満3歳以上の幼児に対する教育」は除かれている。

児童福祉法には、厚生労働省児童家庭局が管轄する「児童福祉施設」として、保育所(認可保育所)を次の通り規定している。

保育所は、保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設である。(第39条第1項)
「乳児・幼児」とは、0歳から小学校入学前までの乳幼児。(第4条第1項)
第6条の3第7項の「保育」の定義中の「教育」の規定により、「義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとしての満3歳以上の幼児に対する教育」は行わない。(幼稚園等で行われる)
例外的にそれ以上の年齢の児童を保育することもある(第39条第2項)。
社会福祉法では、第二種社会福祉事業として規定されており(第2条第3項)、地方自治体や社会福祉法人による経営が多い。