桐生 競艇について調べてみた

桐生競艇場(きりゅうきょうていじょう)は、群馬県みどり市にある競艇場である。

通称は、BOAT RACE桐生(ボートレースきりゅう)。施設所有者は関東開発株式会社、主催(施行者)はみどり市。

住所
群馬県みどり市笠懸町阿左美2887

水面は人工(沼)で、水質は淡水です。
施行者はみどり市。

1956年(昭和31年)11月8日に初開催された。全国の24競艇場の中では最も遅い開場である。

施設の名称にもあるように、初開催から2003年度までは桐生市が第一施行者であった。競艇の売り上げは1992年度をピークに減少を続け、桐生競艇も厳しい運営となっていた。桐生市は赤字脱却のため借り上げ賃貸料の引き下げを巡り関東開発と対立し撤退を決定。一時は2003年度限りでの閉鎖も検討されていたが、第二施行者だった阿左美水園競艇組合(当時)が桐生市主催分の全日程を引き継ぎ、存続が決まった。

時は平成の大合併の時期であり桐生広域圏の構想が存在したが、桐生競艇の存続の是非について桐生市と阿左美水園競艇組合所属の笠懸町・大間々町・藪塚本町の足並みが揃わなかった。このうち藪塚本町は太田市との合併を選択し、競艇事業から撤退。競艇事業存続を主張する笠懸町は桐生市と反目し、大間々町・東村と合併してみどり市となった。このため新桐生市は東西に分断する飛び地合併となっている。

1997年9月20日から「アクアンナイト」と称したナイター競走を実施。初めてナイター競走を開催した競艇場である。2011年度より冬季を含めた通年ナイター開催に移行する予定だったが、東日本大震災で施設が被災したため、3月中旬から4月にかけての開催が中止された。2011年度の開幕となる5月3日(東日本大震災被災地支援競走 第38回上毛新聞社杯・初日)より通称を「ドラキリュウナイター」へ変更し、冬季を含めた通年ナイター開催に移行した。なお、かつては4月から10月下旬の期間においてナイター競走を開催しており、2008年9月には住之江競艇場で行われたナイターレースの場外発売を行う関係で一部薄暮開催を行った。なお照明設備は2014年4月の更新に際して、競艇だけでなくすべての公営競技で初となる全面LED照明に切り替えている。

芦屋 競艇について調べてみた

芦屋競艇場(あしやきょうていじょう)は、福岡県遠賀郡芦屋町にある競艇場である。

通称は、BOAT RACE芦屋(ボートレースあしや)。芦屋町モーターボート競走事業として地方公営企業法の規定の全部が適用されている。

福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋3540番地
施行者は芦屋町です。

水面は人工(プール)、水質は淡水です。

主催者は芦屋町。芦屋町内には航空自衛隊芦屋基地があり、町の総面積の半分近くを占めている。このため、この競艇場は、自衛隊基地設置の見返り的(地域振興策)な要素が強い。

隣の北九州市若松区にも若松競艇場があり、競艇場間の距離が日本一短いことでも知られる。以前は同じ宿舎で共同使用していたが、現在では若松が新たな宿舎を建設した為、別々の建物になっており、併催が可能である。

実況は、福岡県内の3競艇場(若松・芦屋・福岡)をRKBミューズ所属の女性アナウンサー6人でローテーションで回している。しかし、2003年女子王座決定戦と2005年競艇王チャレンジカップでは松岡俊道率いるトシヴォイスの実況を起用した。メディアターナーの内田和男が実況することもあった。

マスコットキャラクターは「アシ夢」。それにちなんでアシ夢ダービーが行なわれている。

平成22年7月9日からの開催で業界初モーニングレース「サンライズレース」を実施。第1レースのスタート展示時刻が通常より1時間40分早い午前9時5分となり、最終第12レースの発売締切時刻が14時42分となっている。当初は10月19日までの夏季限定の予定だったが、電話投票利用者などからの反響が大きかったため、2010年度一杯継続することになった。その後も、好調なことから2011年度以降も継続開催が決定している(同7月からは電話投票受付開始がさらに繰り上げられたため、第1競走の展示を午前8時32分と、全公営競技で最も早い発走開始となった。後述)。なおGII以上のレースはこれまでと同じ昼間開催となる。

住之江 競艇について調べてみた

住之江競艇場(すみのえきょうていじょう)は、大阪府大阪市住之江区にある競艇場である。通称は、BOAT RACE住之江。

住所
大阪府大阪市住之江区泉一丁目1番71号

施行者は大阪府都市競艇組合・箕面市

水面は人工(プール)、水質は淡水です。

新なにわ筋を挟んで住之江公園および大阪護国神社の西隣に位置し、競艇のメッカと呼ばれる。

前身の狭山競走場が、経営難と水面として利用していた狭山池の旱魃(かんばつ)を主因に1956年(昭和31年)4月10日をもって閉鎖されたことを受けて大阪市住吉区南加賀屋町(現在地。1974年7月22日より分区により現在の住之江区泉となる)に新設移転、同年6月19日に初開催された。

所在地である大阪市は現在主催しておらず、大阪府都市競艇組合(堺市・岸和田市・豊中市・東大阪市・池田市・吹田市・泉大津市・高槻市・貝塚市・守口市・枚方市・茨木市・八尾市・泉佐野市・富田林市・寝屋川市の16市で構成する一部事務組合)と箕面市が主催施行者として別々に開催している。各種施設を保有・運営するのは住之江興業株式会社(南海電鉄グループ)で、当競艇場で行われるレースのラピートカップは南海本線を運行する特急列車の列車愛称が由来となっている。

この競艇場のみ、エンジンの取付けにおいてバック、トランサムのライナー調整が可能となっている。ライナーの調整有無および調整厚さは、チルト角・部品交換状況などと同じく、事前に発表される。チルト角調整範囲は-0.5から1.5度。

場所が近接している尼崎競艇場とは原則として開催日程が重複しないようにしている(年末年始や荒天中止の順延分を除く)。常に多くの競艇ファンで賑わっていることから「競艇のメッカ」、「競艇の聖地」の異名を持つ。

2000年(平成12年)10月13日より日本の公営競技史上初の三連勝式投票券(拡連複も)が発売された。

丸亀 競艇について調べてみた

丸亀競艇場(まるがめきょうていじょう)は、香川県丸亀市にある競艇場である。
通称は、BOAT RACEまるがめ(ボートレースまるがめ)

住所
香川県丸亀市富士見町四丁目1番1号

施行者は丸亀市、香川県中部広域競艇事業組合

水面は海(瀬戸内海)で、水質が海水です。

主催者は丸亀市、香川県中部広域競艇事業組合(三豊市・まんのう町・琴平町・宇多津町で構成される一部事務組合)。レース場ロゴなどをはじめ、ひらがなで「まるがめ」と表記されることが多い。金刀比羅宮のある香川県にあるため、舟券の締め切り5分前から民謡の『金比羅船々』のメロディーが流れる。

2007年11月19日に、2010年を目標にナイター競走を開催する予定であることが丸亀市より発表されたが、2008年6月5日にはナイター競走の開催を2009年5月に前倒しすることが発表された。そしてナイターの愛称を日本全国から募集した結果、瀬戸内海の風景等によりまるがめブルーナイターとなった(詳細は下の本項を参考に)。

マスコットキャラクターは、カメの「スマイル君」。レース実況はメディアターナーの梶西達が担当している。2015年夏までは谷口修が担当していた。

実況中継はまるがめレース場にスタジオを設け、四国東通の技術協力のもとJLCが制作したもので、インターネット配信コンテンツ『ボートレースBB』ではSG開催を含めた全日程で唯一JLC680 HDからJLC684 HD レディースチャンネルで放送されたものがそのまま使われている(レース前の前日ダイジェストとレース展望を除く)。

2012年7月28日に新スタンドがオープンし、様々な食が楽しめるフードコートや公開解説等が行われるサテライトスタジオ、それと同時に外向発売所のBポートまるがめもオープンした。また、3階指定席はマリンシート、4階ロイヤル席にスカイシートという愛称が付けられ、キャッシュレス会員のBカード(MARUGAME BLUE NIGHTER CARD)会員であれば最上階のスカイシートでの在席投票も可能になった。

競艇予想について調べてみた

競艇の予想(買い方)にはいくつかの方法があります。簡単にまとめますと…

  • 単勝式→1着になりそうな艇番を予想する
  • 複勝式(2着払い)→2着までに入りそうな艇番を予想する
  • 普通二連勝複式(二連複)→1着・2着に入りそうな2艇を順不同で予想する
  • 拡大二連勝複式(拡連複)→3着までに入りそうな2艇を順不同で予想する
  • 二連勝単式(二連単)→1着・2着を着順通りに予想する
  • 三連勝複式(三連複)→1着・2着・3着を順不同で予想する
  • 三連勝単式(三連単)→1着・2着・3着を着順通りに予想する

税理士について調べてみた

税理士(ぜいりし)は、税務に関する専門家(コンサルタント)のための国家資格であり、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。

税理士は、税務に関する専門家(コンサルタント)として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。

「税理士となる資格を有する者」としては、公認会計士、弁護士、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国税従事者があり、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となり、税務をおこなうことができる(同法3条1項)。

税理士名簿への登録をすることなく、税理士としての税務を行うことができる者としては、いわゆる通知弁護士がいる。通知弁護士とは、所属弁護士会を経て、国税局長宛に税理士業務を行う旨の届出をすることにより、その国税局の管轄区域内において、随時、税理士業務ができる制度をいう(税理士法51条1項)。

税理士法51条の立法趣旨は、昭和26年5月28日の衆議院大蔵委員会において、修正案提出者小山長規理事が「従来弁護士は、弁護士法によりまして、当然に税務代理士を営むことができるという規定がありましたので、税理士法が通過いたしますと、税理士というものが新たにできまして、税務代理士がなくなりますので、その関係をいかに調整するかということから出て来ましたところの修正案」との趣旨説明をし、従来からある弁護士法に抵触しないように議員修正を経て、新法である税理士法が成立した。

色彩検定について調べてみた

色彩検定(しきさいけんてい)とは、公益社団法人色彩検定協会(旧:社団法人全国服飾教育者連合会(略称はA・F・T))が実施する色に関する知識や技能を問う試験であり、1級から3級までの3段階に分かれている。平成2年(1990年)11月に「ファッションカラーコーディネーター検定試験」として始まり、「ファッションコーディネート色彩能力検定」と名称を変更した後、2006年度からは「色彩検定?」として実施されている。1995年度から2005年度までは文部科学省認定の試験であったが、認定制度の廃止に伴い、2006年度からは文部科学省後援の試験となった。合格すると色彩検定協会により色彩コーディネーターの称号が与えられる。

受験資格は設けられておらず誰でも受験できる。1級から3級までに分かれており、1級と2級、または、2級と3級の併願受験が可能である。試験の難易度によって毎回合格点が変更されるため合格ラインには幅があり、正答率70%前後で合格となる。合格後は合格証書と色彩コーディネーターの称号が記載された資格証を贈られる。

・1級
・・年1回実施。1次試験と2次試験に分かれており、1次試験は一部記述式のマークシート方式、2次試験は一部実技を含む記述式で行われる。試験時間は1次試験100分、2次試験90分。受験料は15,000円。尚、1次試験合格者は以降2年間に限り、再受験の際には1次試験が免除される。
・2級
・・年2回実施。一部記述式のマークシート方式で行われる。試験時間は80分。受験料は10,000円。
・3級
・・年2回実施。マークシート方式で行われる。試験時間は70分。受験料は7,000円。

いきなり1級から受験することもできるが、当然ながら2および3級の内容も含まれるため、相当の知識が要求される。

1級試験に合格した者のみ、同協会の「色彩講師養成講座」を受講することができる。 同講座の案内は希望した者のみ、合格年より5年間郵送される(講座受講は5年以降でも可)。

履歴書について調べてみた

履歴書(りれきしょ)とは、学業や職業の経歴など人物の状況を記した書類のことで、就職や転職時に選考用の資料として用いられる。また、学歴や職歴によって給与や資格などを決定する手続き(査定)において、それを証明する各種の書類とともに提出する。履歴書は、法律で書式を定められているわけではないため、基本的に自由形式である。

なお、アメリカ合衆国およびカナダの英語圏地域にて用いられるレジュメ(R?sum?、日本では英文履歴書とも呼ばれる)は、日本でいう「職務経歴書」に近いものである。

芸能人では『芸歴書』と称するところもある。

日本の履歴書

日本では日本工業規格(JIS Z 8303「帳票の設計基準」の附属書A)の規格に従った履歴書用紙が市販品として流通している。JISはあくまで「製品仕様の工業規格」であって、個人に使用を義務づける法令は存在しない。JIS規格の他に、一般用・転職用・パート/アルバイト用などの様々な様式がある。

通例、履歴書を作成する時は、市販の履歴書用紙に必要事項を記入し、上半身を写した証明写真(縦4センチ・横3センチが一般的)を貼付することが多い。用紙サイズはB4タイプ(二つ折りにしてB5サイズ)が主流だが、A4タイプのものもある。最近では、履歴書は市販のものだけでなく、ウェブサイト上からダウンロードしたものや、Microsoft WordやPDFなどのファイルフォーマットを指定する企業も増えている。

選考で不採用となった場合、不採用を伝える旨の書面と共に、履歴書を志望者に返却する場合はあるものの、法律で義務づける根拠がないため、募集時に「履歴書は返却しない」(廃棄する)旨を提示する事業所も存在するが、記載された個人情報が漏洩し悪用される危険性もあるため、近年では問題視されている。また、選考を辞退した場合も、志望者本人に返却する場合があり、どちらにしても履歴書の返却は、法律で義務付けられていない。

個人情報の保護に関する法律施行後は、履歴書を就業利用以外に利用したり、漏洩した場合安全管理措置義務違反として行政処分の対象となるが、故意に返却しない行為は処分の対象にならない。
記載事項

JIS Z 8303の解説に、以下の項目についての様式例が挙げられており、これに従っているものが多い。用途によっては、これ以外の欄(特技、趣味など)を設けた様式を使用したり、就職活動では大企業や中堅企業でエントリーシートと呼ばれる独自の様式を使用する場合があり、印鑑も必要とする場合がある(印鑑は、シヤチハタは不可とする企業も多い)。

最近では、携帯電話の電話番号や電子メールアドレスを記入することが多く、逆に偽造防止の観点からも、印章は、印影で偽造され、成りすましや銀行預金が引き出される危険性があるため、記入欄から削除された。

マンション管理士について調べてみた

マンション管理士(マンションかんりし)は、マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる一定の専門知識を有している事を証明する国家資格であり、マン管とも呼ばれる。

マンション管理士は、専門知識をもってマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行う。マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートする。

マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要である。

マンション管理士は「名称独占資格」である為、マンション管理士以外の者がマンション管理士又はこれに紛らわしい名称を使用(名刺にマンション管理士と記載したり、看板でマンション管理士と表示)することは、その方法を問わず認められない。なお、名称の使用制限に違反して、マンション管理士でないのに、マンション管理士又はこれに紛らわしい名称を使用した者は、30万円以下の罰金に処せられる。ただし、マンション管理士は独占業務では無く、管理組合に助言する等の行為にマンション管理士の資格は必要がない。

戸田聡子が2004年に約1500人のマンション管理士に対して、他に所有している資格を調査したところ、宅地建物取引士(当時は宅地建物取引主任者)が81.6%、管理業務主任者が73.9%であった。

(国土交通省がマンション管理士派遣のモデル事業創設)
この事業は、平成19年度国庫補助事業として、分譲マンションストックの質の維持向上等及び専門家の能力向上のために、財団法人マンション管理センターが事業主体となり地方公共団体と連携し、マンション管理士を管理組合に派遣するなどし、マンション管理に対するアドバイス等を行うことで、地域における適正管理の基盤形成を促進するための措置を講じ、また、モデル的派遣による支援を受けた管理組合が管理状況の全部又は一部を登録・公開(簡易登録)することにより、「市場環境の整備」も図ることを目的としている。

この事業は平成19年度からの3か年計画で、初年度の平成19年度のモデル候補地域は、千葉県・埼玉県・大阪府・東京都・福岡県の市区となっている。なお、平成19年10月1日時点において、千葉県内5市と東京都内6区で実施されている。

カラーコーディネーターについて調べてみた

カラーコディネーターは、主に住宅やホテル、レストランなどのインテリアや、ファッション、デパート、ショップの商品デザインやディスプレイ、建築、土木景観などで色彩、配色などについて助言をする専門家、コーディネーターのこと。カラーアドバイザー、カラーコンサルタントとも言う。

カラーコーディネーター検定試験

この試験名は東京商工会議所の登録商標。色彩に関する知識を、主に産業目的に活用する能力を判定し、認定する民間の検定試験。1級カラーコーディネーターはかなり難関な資格である。

1級 – 「ファッション色彩」、「商品色彩」、「環境色彩」の3部野に分かれている。どれか一つの分野を選択し受験する。それぞれの分野における色彩の知識・活用能力を測る指標となりうる。合格者には、「1級カラーコーディネーター『○○色彩』」の称号が与えられる。
2級 – カラーコーディネーションの意義、色彩の歴史的発展と現状、生活者の視点からの色彩、生産者の視点からの色彩、カラーコーディネーターの視点、色彩調和論と配色手法の知識と活用能力の有無等の指標となりうる。合格者には、「2級カラーコーディネーター」の称号が与えられる。
3級 – 光と色に関する物理学、色の測定とその表し方に関する測色学、人間の目の構造に関する生理学等の知識と活用能力の有無等の指標となりうる。合格者には、「アシスタント・カラーコーディネーター」の称号が与えられる。

関連する資格
カラーデザイン検定
ICD国際カラーデザイン協会が実施しているカラーの検定試験。世界標準のカラーシステムPantoneを使って学べるような内容になっており、初心者からプロダクトデザイン、インテリア、ファッション、WEBなど様々な仕事で応用できる知識が身につく。級は3級、2級、1級とある。