競馬予想について

競馬で予想を的中させるにはどうしたらいいのか?

5点購入でやる場合、1点千円の投資で100倍の万馬券が当たれば、受け取り金は10万円。
であれば、万馬券当たりとなる予想に注ぎ込めばいいではないか・・・となる訳ですが、万馬券がそう易々とヒット出来ないのも現実です。
ある会社の能力指数で万馬券を当てるもののがあるらしい。年間で50本前後。有料と無料があるみたいだが、有料版であれば年間提供レース数が1800レース以上。なので、的中の時は何十万円も儲かるかもしれない。実際昨年は8万馬券を見事に当てているらしいが、万馬券作戦だけで計算するとマイナスで利益はでないらしい。

そこで、万馬券作戦で、30~40レースに1本の万馬券と2~3本の中穴(5千円前後の配当)を当てていけば、プラスとして収益を出していける。その為に的中率を高めないといけない。

また、同程度のヒット率だとしても買い目を絞っていくことで利益率を上げていけば、マイナスから抜けさせる。1レース1点5千円で年間50本の万馬券があたるのであれば、年間で楽にプラス収益にできる。しかし、これは非リアリティな話である。
競馬予想の商材・商品を提供する会社は、この夢・欲望を巧みに刺激しながら、購買意欲を高めているのが大多数なのです。
1レース5千円の投資で何十万円も儲かるのは、年間で数回当たればいい位が現実的なラインであろう。

競馬になかなか勝てない競馬予想の理由

ここに通算50%と30%と10%の的中率を誇る馬券術と仮定する

1日に3レースをすると
A:50%の的中率、B:30%の的中率、C:10%の的中率の馬券術

3レース中1レース以上的中する確率
Aは87.5%、Bは65.7%、Cは27.1%

3レース中2レース以上的中する確率
Aは50.0%、Bは21.6%、Cは2.8%

3レース中3レース的中する確率は
Aは12.5%、Bは2.7%、Cは0.1%

この的中確率をみても判るとおり、50%の的中率を誇る馬券術でも3戦2勝する確率は50%である。

ここになかなか競馬に勝てない理由がある。

競馬の多くの方が、最初は少ない資金で的中させ、勝ったその資金で次のレースの購入資金に回しもっと大きく勝ちたいと願うものである
しかし、最初当っても、次に負ける。理由は簡単、3レースで2勝する確率はBで約5回に1回の21.6%、Cなら約35回に1回の2.8%だからしかし、過去の連勝した時の記憶が強く作用して、次もついつい的中できると思ってしまうものです。

最初負けると負けを取り戻そうとして資金を増やす買い方もある。
運よく的中できれば負けを取り戻せるが、的中できなければ目も当てられない
傷口が広がる一方。負けが込むと熱くなり人間は理性を失うものである。
当初考えていた買い目よりオッズの高い買い目を選択して、さらに傷口を広げる結果になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です