丸亀 競艇について調べてみた

丸亀競艇場(まるがめきょうていじょう)は、香川県丸亀市にある競艇場である。
通称は、BOAT RACEまるがめ(ボートレースまるがめ)

住所
香川県丸亀市富士見町四丁目1番1号

施行者は丸亀市、香川県中部広域競艇事業組合

水面は海(瀬戸内海)で、水質が海水です。

主催者は丸亀市、香川県中部広域競艇事業組合(三豊市・まんのう町・琴平町・宇多津町で構成される一部事務組合)。レース場ロゴなどをはじめ、ひらがなで「まるがめ」と表記されることが多い。金刀比羅宮のある香川県にあるため、舟券の締め切り5分前から民謡の『金比羅船々』のメロディーが流れる。

2007年11月19日に、2010年を目標にナイター競走を開催する予定であることが丸亀市より発表されたが、2008年6月5日にはナイター競走の開催を2009年5月に前倒しすることが発表された。そしてナイターの愛称を日本全国から募集した結果、瀬戸内海の風景等によりまるがめブルーナイターとなった(詳細は下の本項を参考に)。

マスコットキャラクターは、カメの「スマイル君」。レース実況はメディアターナーの梶西達が担当している。2015年夏までは谷口修が担当していた。

実況中継はまるがめレース場にスタジオを設け、四国東通の技術協力のもとJLCが制作したもので、インターネット配信コンテンツ『ボートレースBB』ではSG開催を含めた全日程で唯一JLC680 HDからJLC684 HD レディースチャンネルで放送されたものがそのまま使われている(レース前の前日ダイジェストとレース展望を除く)。

2012年7月28日に新スタンドがオープンし、様々な食が楽しめるフードコートや公開解説等が行われるサテライトスタジオ、それと同時に外向発売所のBポートまるがめもオープンした。また、3階指定席はマリンシート、4階ロイヤル席にスカイシートという愛称が付けられ、キャッシュレス会員のBカード(MARUGAME BLUE NIGHTER CARD)会員であれば最上階のスカイシートでの在席投票も可能になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です