芦屋 競艇について調べてみた

芦屋競艇場(あしやきょうていじょう)は、福岡県遠賀郡芦屋町にある競艇場である。

通称は、BOAT RACE芦屋(ボートレースあしや)。芦屋町モーターボート競走事業として地方公営企業法の規定の全部が適用されている。

福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋3540番地
施行者は芦屋町です。

水面は人工(プール)、水質は淡水です。

主催者は芦屋町。芦屋町内には航空自衛隊芦屋基地があり、町の総面積の半分近くを占めている。このため、この競艇場は、自衛隊基地設置の見返り的(地域振興策)な要素が強い。

隣の北九州市若松区にも若松競艇場があり、競艇場間の距離が日本一短いことでも知られる。以前は同じ宿舎で共同使用していたが、現在では若松が新たな宿舎を建設した為、別々の建物になっており、併催が可能である。

実況は、福岡県内の3競艇場(若松・芦屋・福岡)をRKBミューズ所属の女性アナウンサー6人でローテーションで回している。しかし、2003年女子王座決定戦と2005年競艇王チャレンジカップでは松岡俊道率いるトシヴォイスの実況を起用した。メディアターナーの内田和男が実況することもあった。

マスコットキャラクターは「アシ夢」。それにちなんでアシ夢ダービーが行なわれている。

平成22年7月9日からの開催で業界初モーニングレース「サンライズレース」を実施。第1レースのスタート展示時刻が通常より1時間40分早い午前9時5分となり、最終第12レースの発売締切時刻が14時42分となっている。当初は10月19日までの夏季限定の予定だったが、電話投票利用者などからの反響が大きかったため、2010年度一杯継続することになった。その後も、好調なことから2011年度以降も継続開催が決定している(同7月からは電話投票受付開始がさらに繰り上げられたため、第1競走の展示を午前8時32分と、全公営競技で最も早い発走開始となった。後述)。なおGII以上のレースはこれまでと同じ昼間開催となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です