桐生 競艇について調べてみた

桐生競艇場(きりゅうきょうていじょう)は、群馬県みどり市にある競艇場である。

通称は、BOAT RACE桐生(ボートレースきりゅう)。施設所有者は関東開発株式会社、主催(施行者)はみどり市。

住所
群馬県みどり市笠懸町阿左美2887

水面は人工(沼)で、水質は淡水です。
施行者はみどり市。

1956年(昭和31年)11月8日に初開催された。全国の24競艇場の中では最も遅い開場である。

施設の名称にもあるように、初開催から2003年度までは桐生市が第一施行者であった。競艇の売り上げは1992年度をピークに減少を続け、桐生競艇も厳しい運営となっていた。桐生市は赤字脱却のため借り上げ賃貸料の引き下げを巡り関東開発と対立し撤退を決定。一時は2003年度限りでの閉鎖も検討されていたが、第二施行者だった阿左美水園競艇組合(当時)が桐生市主催分の全日程を引き継ぎ、存続が決まった。

時は平成の大合併の時期であり桐生広域圏の構想が存在したが、桐生競艇の存続の是非について桐生市と阿左美水園競艇組合所属の笠懸町・大間々町・藪塚本町の足並みが揃わなかった。このうち藪塚本町は太田市との合併を選択し、競艇事業から撤退。競艇事業存続を主張する笠懸町は桐生市と反目し、大間々町・東村と合併してみどり市となった。このため新桐生市は東西に分断する飛び地合併となっている。

1997年9月20日から「アクアンナイト」と称したナイター競走を実施。初めてナイター競走を開催した競艇場である。2011年度より冬季を含めた通年ナイター開催に移行する予定だったが、東日本大震災で施設が被災したため、3月中旬から4月にかけての開催が中止された。2011年度の開幕となる5月3日(東日本大震災被災地支援競走 第38回上毛新聞社杯・初日)より通称を「ドラキリュウナイター」へ変更し、冬季を含めた通年ナイター開催に移行した。なお、かつては4月から10月下旬の期間においてナイター競走を開催しており、2008年9月には住之江競艇場で行われたナイターレースの場外発売を行う関係で一部薄暮開催を行った。なお照明設備は2014年4月の更新に際して、競艇だけでなくすべての公営競技で初となる全面LED照明に切り替えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です