福岡 競艇について調べてみた

福岡競艇場(ふくおかきょうていじょう)とは、福岡県福岡市中央区那の津一丁目にある競艇場である。

住所
福岡市中央区那の津一丁目7-5

施行者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合。
水面は海、水質は海水または汽水です。

通称は、BOAT RACE福岡(ボートレースふくおか)。2010年(平成22年)度以降この通称に変更されたが、条例上の正式名称は「福岡競艇場」のまま変更されていない。

1953年(昭和28年)9月26日に初開催が行なわれた。福岡市の中心繁華街である天神から徒歩でわずか10分と近く、平和島競艇場(東京都)と並んで「都市型競艇場」の代表格としてあげられる。主催者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合(筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町、古賀市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、宗像市、福津市、糸島市で構成される一部事務組合)。 地元の住民からは、地名にちなんで「那の津」とも呼ばれている。

2004年10月には、福岡競艇場のマスコットが定められ、一般公募により「ペラ坊」と命名された。 2015年10月30日には、ペラ坊の女友達キャラクターが、一般公募により「ペラ美」と命名された。 テレビCMキャラクターにはこれまで、蛭子能収、竹中直人、川上鴻一郎、森下千里らが起用された。

また、2007年12月19日から24日までの6日間、第22回賞金王決定戦競走が開催された。住之江競艇場(大阪府)以外での開催は、第6回大会の平和島競艇場(東京都)・第11回大会の戸田競艇場(埼玉県)・第15回大会の平和島競艇場(2回目)以来7年ぶり4回目となり、九州地区においての開催は史上初。

そして2009年5月26日から5月31日までの6日間、九州地区では初となる、競艇界のオールスターレース・第36回笹川賞競走が開催された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です