若松 競艇について調べてみた

若松競艇場(わかまつきょうていじょう)は福岡県北九州市若松区赤岩町にある競艇場。

通称は、BOAT RACE若松(ボートレースわかまつ)。

住所
福岡県北九州市若松区赤岩町13-1

北九州市・中間市行橋市競艇組合が管理。
水面は海(洞海湾)、水質は海水です。

1952年(昭和27年)、当時の若松市によって開設され、同年11月11日に初開催が行なわれた。八幡、門司、戸畑、小倉市との合併により北九州市に引き継がれる。

1953年(昭和28年)、第1回全日本選手権競走が開催される。

主催者は北九州市と中間市行橋市競艇組合(中間市および行橋市で構成する一部事務組合)である。

隣接する遠賀郡芦屋町にある芦屋競艇場とは直線距離で日本一近い。そのため、選手宿舎を共同利用していた(宿舎は芦屋町内)ため併催が不可能であったが。2010年11月10日に若松新宿舎がピット横に完成し、若松・芦屋の同時開催が可能となった。

マスコットキャラクターは「こひめちゃん」。「かっぱくん」「わかちゃま」「ひめちゃん」に続く4代目である。それにちなんで若松かっぱ杯争奪戦が行われている。なお、かっぱくんが父、ひめちゃんが母、わかちゃまが兄、こひめちゃんが妹となっている。

実況は、福岡県内の3競艇場(若松・芦屋・福岡)をRKBミューズ所属の女性アナウンサー6人でローテーションで回している。

地元出身の元選手である植木通彦を讃えるフェニックスホールが総合案内所近くにある。

また、2011年12月には新外向発売所カッパ☆ピアがオープンした。

2014年度の売上は800億円を超え、全国競艇場最多となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です