会社法について調べてみた

会社法(かいしゃほう)とは、会社の設立・解散、組織、運営、資金調達(株式、社債等)、管理などについて規律する法分野(実質的意味の会社法(イギリス:Company law、アメリカ:Corporate law, Corporation law)、あるいはそのような名称を有する法律(日本の会社法、英国の Companies Act など)である。

会社法(かいしゃほう、平成17年7月26日法律第86号)は、会社の設立、組織、運営及び管理の一般について定めた日本の法律である(1条)。

同時に制定された会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第87号、以下「整備法」)では、関連法律を本法に適合させるための改廃が行われた。
概要

「会社法」には2つの意味がある。一つは「実質的意義の会社法」で会社の利害関係者の利害調整を行う法のことを指す。もう一つは固有の法律である「会社法」(会社法典)を指す。前者には後者の他に、会社法施行規則・会社会計規則・電子公告規則、社債株式等振替法、担保付社債信託法、商業登記法などが含まれる。

その他にも会社にかかわる法律は多数あり、取引においては民法や商法、税制に関しては法人税法、また競争政策上のから企業に制約を課す独占禁止法など多岐に渡る。

「実質的意義の会社法」が持つ特徴は、利害関係者の利害調整を主な目的として会社の組織・運営について定めたルールという点である。ここで言う「利害関係者」は主に株主と会社債権者を指す。
歴史

日本では従来、単一の会社法典は存在しなかった。その代りに会社に関する法の総称(「実質的意義の会社法」)として「会社法」の用語が用いられていた。

日本で会社に関する最初の一般的規則はお雇い外国人(ドイツ人)・法学者ヘルマン・ロエスレル起草草案をもとに制定された商法(明治23年法律番号32号)1編6章である。その後、商法は明治32年に改正され現在の商法・会社法の原型となる。特に商法の会社法規定である商法旧第2編会社(以下「旧法」)は高頻度で大改正を受けつつ、日本の会社に関する一般規定として存続した。

戦後は会社不祥事をきっかけに監査役制度の強化がされ、近年では委員会設置会社や内部統制システムの導入など、会社に対する規制が強化される方向に進んでいた。一方で資金調達に関しては調達手段を多様化・拡大し、規制を緩和・合理化する傾向が続いている。

2005年6月、「会社法」が国会で成立、2006年5月に施行された。これに伴い、かつて会社法としての役割を果たしていた「旧法」、有限会社法、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律(商法特例法または監査特例法)等は会社法典に統合、再編成された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です