漫画「寄生獣」が実写映画化決定!寄生獣が今まで映画化されてこなかった理由とは

2013年(平成25年)11月20日。
1990~95年に「月刊アフタヌーン」

に連載された人気漫画「寄生獣」が、
「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる
山崎貴監督(49)が実写映画化するこ

とが

11月19日に分かったそうです。

米ハリウッドで何度も映画化が試みられるも、
実現されることはなかった漫画です。

原作は90~95年に連載されたが、
その直後に米ハリウッドの
プロダクションが原作権を取得しました。

その後、「タイタニック」「アバター」で知られる
ジェームズ・キャメロン監督が
映画化を切望したとの情報もありましたが、
実現はしませんでした。

しかしながら、
今年に入って契約が失効し、
十数社の競合の末、
東宝が映画化権を獲得しました。

この漫画のストーリーは、
「パラサイト」と呼ばれる生物に
脳を支配された人間が、
別の人間を捕食対象として食べるという
ストーリーで、
地球上での人間の存在価値を問う
大きなテーマを持つ漫画でした。

撮影は来年1月からスタートする形で、
今後の動きにも注目です。

主演には、ここ最近、
映画界で注目を集める
染谷将太(21)さんを抜擢し、

そのほか、
深津絵里(40)さんや
橋本愛(17)さんが
出演されることが決まっています。

累計発行部数1100万部出た、
この寄生獣という漫画ですが、
東宝によれば、映画と同時に
テレビアニメプロジェクトも
始動するとのことで、
今後はますます注目が集まりそうです。

1月からの撮影に備える山崎監督は、
原作の連載当初から実写で
いつか見てみたいと思っていたそうで、

「それを自分たちのチームが
手がけることができることになって、
興奮と恐れと喜びで大変な状態になっています」

と話されていらっしゃいました。
原作の放つ色あせることのない
世界観にも触れ、

「今も全くその輝きを失っていません。
それどころか東日本大震災を経た今だからこそ、
さらに深みを増しているとさえ言えると思います。
この作品を通して、自然は、時代は、
僕らにどう生きろと語りかけてきているのかを
もう一度見つめ直してみたいと思っています」

と言われていらっしゃいましたので、
今後の動きにも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です